【珈琲】ネルドリップについて<抽出法>

[朝食] ブログ村キーワード
[コーヒー] ブログ村キーワード

古い昔ながらの喫茶店に行ったとき、
すごく優しい、やわらかいコーヒーがありまして
マスターに何で抽出しているんですか?と尋ねたんです。
そしたら「うちはずっとネル1本です」と言われたことがあって。

ネルドリップ、というのは中々耳馴染みがなかったのですが、
一番の抽出方法はネル!という方が結構いるほど
昔から愛される手法のようです。

◆ネルドリップについて
ネル=フランネルのことで、
ネルシャツの記事を想像したらよくわかるのですが、
柔らかく起毛した布のことを言います。
ペーパードリップは紙のフィルターでしたが
ネルドリップはこの布フィルターで濾して作るコーヒーのこと。

◆器具
◎ネルフィルター

カリタ 手付きフィルター 大(8~10人用) #51045

意外とリーズナブルで、600円前後から売っています。

◎コーヒー用ケトル
これまた先の細いケトルですが、
家庭用なら普通のやかんでもOK。

E-PRANCE コーヒードリップケトル ドリッ プポット 細口ポット ステンレス 650ML (650ML)

◆方法
1 ネルを水洗いし、コーヒー液で20分ほど煮る
2 フィルターをセットする
3 粉をいれる。一人前は約18g。
4 お湯を注ぐ。中心から外側に「の」を描くように。
  最初は全体をしめらせたら、30秒ほど蒸らす。
5 お湯を注いでいく。このとき、
  ネルに直接お湯をかけないように注意する。
6 サーバーを外す。煮沸してから保存する。

◆ポイント
◎道具の保存はきちんと行うことが大切!
乾燥させてはいけないので、タッパーに水を入れて
水浸しにした保存するなどの手間がかかる。
ただ、その手間を惜しむとネルの目が詰まって
上手く抽出できなかったり、雑菌繁殖の原因になる。

◎中挽きや粗びきのコーヒー粉を使う
お湯と接している時間が長いので
すぐにコーヒー液が抽出される細引きだと
すぐに濃くなってしまう。
そのため、粒の大きい中挽きや粗びきの方がよい。

◆特徴
◎まろやかな味が抽出できる!
ペーパーフィルターに比べて目が粗く、
コーヒーの油分を含んだ微粒子も通り抜けることができる。
そのため、口当たりの良い滑らかなコーヒーができる

◎エコで環境にやさしい!
ぺーパードリップと違って、フィルターは何回か使用できるので
ごみはあまり出ない。つまりエコ。

*****

知れば知るほど奥が深いネルドリップの世界。
600円程度で手に入るならば、
ちょっと試しにドリップしてみたくなりますよね!
ただ、保存には重々気を付けないといけない。
そんな面倒くささもまた魅力的に思えるから不思議です。

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂ければ嬉しいです★

にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
にほんブログ村

【珈琲】サイフォンについて<抽出法>

[朝食] ブログ村キーワード
[コーヒー] ブログ村キーワード

喫茶店やカフェを巡っていて
サイフォンで淹れているお店に遭遇すると
とても嬉しくなります。
できるだけ見える位置に座りたくなる!
自分でやるには少し敷居が高く感じる分
プロによる本格的なコーヒーを頂けるようで
何だかリッチな気分になれます。

インテリアとしてもお洒落、
演出効果抜群!
それなのにとっても美味しいコーヒーが淹れられる、
それがサイフォンの魅力ですよね。

◆サイフォンについて
フラスコというガラスの器具を使い、
気圧の変化を利用してコーヒーを抽出する方法。
アルコールランプの上に
フラスコをセットし、
フラスコの上にはロートという筒があります。

フラスコにお湯、ロートにコーヒー粉が入っていて、
下からお湯を温めることで水蒸気が発生し、
フラスコ内で水蒸気が膨張すると
気圧でお湯が吸い上げられます。
すると、ロートの中でコーヒーの粉と混ざり
コーヒー液ができます。

最後はアルコールランプを外すと
フラスコ内が冷え水蒸気が収縮されるので、
また液体が下に落ちてくるという仕組み。

◆器具について
◎サイフォン

HARIO (ハリオ) コーヒーサイフォン モカ 3人用 MCA-3


(ロート・フラスコ・アルコールランプ)
基本的に一式整った状態で売られています。
ネットでも入手可能!

◆方法
1 ロート側にフィルターをセットする
2 フラスコにお湯を入れ、アルコールランプにかけ 
 お湯を沸かす
3 コーヒーの粉をいれる
4 沸騰したらロートを差し込む
5  ロートにコーヒー液が溜まったら
  軽くかき混ぜて撹拌させる
6 ランプを消して2回目の撹拌
  するとコーヒー液がフラスコに戻っていく。
7 ロートを外して注ぐ。

◆ポイント
◎抽出時間は1分以内。
 これ以上は苦みやえぐみがでます。

◆特徴
◎演出効果が高い!
理科の実験器具のようなサイフォンの中で
コーヒー液ができていく光景や
その香りは、見ていてとても楽しいもの。
カフェのカウンターにあると映えますよね。

◎手入れが面倒!
使用する道具が多い分、
洗浄には手間はかかります。
しかもガラス製。

◎コツがいる!
火加減や抽出状態の見極めなど、
やはりペーパードリップやフレンチプレスよりも
気を配らないといけない。

*****

まだまだ奥が深いコーヒーの世界、
知れば知るほど、
毎日の一杯が楽しく美味しくなります。
もし自分で喫茶店をするなら、
絶対にサイフォンを使いたい!と
思わずにはいられません。

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂ければ嬉しいです★

にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
にほんブログ村

【珈琲】フレンチプレスについて<抽出法>

[コーヒー] ブログ村キーワード
[朝食] ブログ村キーワード

フレンチプレスって、
私はずっと紅茶の器具だと思ってたんですけど、
コーヒーでも使うんですよね。
これまでカフェ巡りをしていて、
フレンチプレスのコーヒーを出すお店は
実は3件ほどしか遭遇しておりません。
抽出するのもかなり楽だし、いいと思うんですが…
スタバやタリーズにも器具は販売されているので
ペーパードリップの次に家庭向きだなあと思っています◎

◆フレンチプレスについて
耐熱ガラスでできたポットに粉をいれて、
お湯を注いだ後数分間蒸らし、
プレスして抽出する方法を
フレンチプレス(コーヒープレス)といいます。
紅茶と一緒!

◆器具について
◎フレンチプレス

HARIO (ハリオ) ハリオール ブライト コーヒー & ティー フレンチ プレス 4杯用 THJ-4SV


・コーヒーと紅茶、一つで両方使えます。

・こんなおしゃれなマグタイプのものも。
 オフィスに置いておいたら重宝しそうです。

【正規品】 BODUM ボダム TRAVEL PRESS SET マグ用リッド付コーヒーメーカー 350ml ブラック K11067-01

◎コーヒー用ケトル

E-PRANCE コーヒードリップケトル ドリッ プポット 細口ポット ステンレス 650ML (650ML)


・ペーパードリップのときと同じく、普通のやかんで問題なし。
 ただ、フレンチプレスの口径は狭いので、
 細口のコーヒーケトルの方がお湯を注ぎやすいことには間違いありません。

◆抽出方法
1 器具をお湯で温める
2 筒の中にコーヒー粉をいれる。1人分は約10g、これで約200ml。
3 粉全体が湿る程度に軽くお湯をかけて30秒ほど蒸らす。
4 お湯を注いで軽く混ぜ、蓋をする。
  このとき棒は必ず伸ばした状態で。
5 4分間待ったら、最後に棒を一番下までおろしてプレスする。

◆ポイント
◎お湯をそそいでからかき混ぜるときは、
 浮いている粉をしずめるように、軽くさっくりと混ぜる程度でOK。
 これ以上混ぜると雑味がでます!

◎複数のカップにサーブするときは、濃さを調節するために
 回しながら入れていくこと!

◆特徴
◎コーヒーの粉がカップに残りやすい。
 ペーパーフィルターやネルドリップ(布を使用した抽出法)に比べると
 プレスする面の網目は荒いので、
 どうしても粉が浮いてしまうようです。

◎難しいテクニックは全く必要がないので、
 (個人的には)一番簡単な抽出法だと思います!

◎きちんと分解して、洗浄するなどの手入れの面では
 ペーパードリップより面倒。
 ただ、無駄なごみは出ないので経済的だし環境にも良い!

*****

ペーパードリップに比べると
あまり馴染みはないですよね。
ただ、フレンチプレスの器具もかなり簡単に手に入りますし、
1つあれば紅茶もコーヒーも楽しめますので、
おうちカフェ派には大変重宝すること間違いなし。

ペーパードリップとフレンチプレス、
そしてもちろんインスタントコーヒーもですが、
このあたりが自宅でも手が伸ばせる抽出法ですね。

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂ければ嬉しいです★

にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
にほんブログ村

【珈琲】ペーパードリップについて<抽出法>

[コーヒー] ブログ村キーワード
[朝食] ブログ村キーワード

モーニングを食べ歩くのが好きで、
せっかくだからブログで紹介してみよう!と思って早8か月。
以前よりもカフェメニューとか
お店のこだわりに目がいくようになったのですが、
いつも思うのは
コーヒーに力を入れているお店がまあ多い!!

朝の一杯で気合いを入れて出勤したい人間なので、
私自身コーヒーは大好きなんです。
カフェで働いた経験もあるし職場も飲食系ですし。

だから、家でペーパードリップでコーヒーを淹れるし
サイフォン見てテンション上がるのですが
「サイフォンって何?」とか
「味の違いとか判らない!」という声をよく耳にします。

どうしてそのお店が素晴らしいのか、何がどう魅力なのかっって
判断基準を知らないとわからないですよね!
ということで、朝食の最大の友・コーヒーについて
熱く紹介していこうと思います★★
まずは抽出法から!

◆ペーパードリップについて

まずは一番ベーシックなペーパードリップについて!
ペーパードリップとは、
ドリッパーと呼ばれる底に穴の開いた器具(カップのような形)と
紙フィルターを使用した抽出法。
フィルターとコーヒー豆をセットしたドリッパーを
サーバーもしくは直接カップの上に置き、
上からお湯を注いで抽出します。

◆器具について
◎ドリッパー

カリタ コーヒー ドリッパー 1~2人用 HA101 波佐見焼 HASAMI & Kalita #01010


・陶器製、銅製、プラスチック製などいろいろな種類があり
プラスチック製は特に安価で売られています。
・穴も1つ穴(メリタ式)・2つ穴・3つ穴(カリタ式)のものがあり
単純にカリタ式が一番抽出のスピードが速い。

◎紙フィルター

HARIO (ハリオ) V60用 ペーパーフィルター M1~4杯用 100枚箱入り みさらし VCF-02-100MK


・茶色のものと白色のものがよく売られています
味も香りも、特に差はないとのこと。

◎コーヒー用のケトル(なくてもOK)

コーヒードリップポット Love-KANKEI ドリッ プケトル 細口ポット ステンレス 650ML


先が細くて長い、専用のやかんのようなもの。
直火NGが多いので、お湯を移し替えて使いましょう。
家庭でつくるなら、普通のやかんでOKだと思います。

◆手順
1 カップにお湯を入れて温めておく。
2 紙フィルターを折ってドリッパーにセットする。
3 コーヒーの粉をいれる。1人前は約10g。
  これで大体150-200mlのコーヒーができる。
4 温めたカップの上にドリッパーを置いて、
  紙フィルター全体が湿るようにお湯を回しかける。
5 コーヒーの粉全体が湿るようにお湯をかけ
  30秒ほど蒸らす。
6 少量づつお湯を注ぐ。
7 適量までコーヒー液がカップにたまったらドリッパーを外す。

◆ポイント
◎お湯の温度は90℃くらいがベスト!
 温度が高すぎると苦みや渋みがきつくなり
 低すぎると酸味が出やすくなったり、薄くなります。

◎「土手」を作るように(崩さないように)淹れる!
 そのために、お湯は中心あたりに注ぎましょう。

◎お湯は最後まで切らさずに、ドリッパーにたまっている状態で
 外すことで雑味がでるのを防げます!

◆特徴
◎誰でも簡単に美味しい珈琲が淹れられる!
 インスタントも楽でいいですけれど、
 やっぱり香りも味もくらべものにはなりません。
 
◎手入れが楽!
 フィルターはそのまま捨てられるので
 洗い物はドリッパーくらいです。

◎手軽にできる!
 紙フィルターもドリッパーも、安いものなら500円出せば
 全然売っています。
 そこまでこだわらなければコストもかからない!

*****

おうちモーニングのお供に欠かせないコーヒーですが、
ちょとしたひと手間で美味しいコーヒーが自宅でも楽しめます!

次はフレンチプレスについてまとめてみます★

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂ければ嬉しいです★

にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
にほんブログ村