【珈琲】サイフォンについて<抽出法>

[朝食] ブログ村キーワード
[コーヒー] ブログ村キーワード

喫茶店やカフェを巡っていて
サイフォンで淹れているお店に遭遇すると
とても嬉しくなります。
できるだけ見える位置に座りたくなる!
自分でやるには少し敷居が高く感じる分
プロによる本格的なコーヒーを頂けるようで
何だかリッチな気分になれます。

インテリアとしてもお洒落、
演出効果抜群!
それなのにとっても美味しいコーヒーが淹れられる、
それがサイフォンの魅力ですよね。

◆サイフォンについて
フラスコというガラスの器具を使い、
気圧の変化を利用してコーヒーを抽出する方法。
アルコールランプの上に
フラスコをセットし、
フラスコの上にはロートという筒があります。

フラスコにお湯、ロートにコーヒー粉が入っていて、
下からお湯を温めることで水蒸気が発生し、
フラスコ内で水蒸気が膨張すると
気圧でお湯が吸い上げられます。
すると、ロートの中でコーヒーの粉と混ざり
コーヒー液ができます。

最後はアルコールランプを外すと
フラスコ内が冷え水蒸気が収縮されるので、
また液体が下に落ちてくるという仕組み。

◆器具について
◎サイフォン

HARIO (ハリオ) コーヒーサイフォン モカ 3人用 MCA-3


(ロート・フラスコ・アルコールランプ)
基本的に一式整った状態で売られています。
ネットでも入手可能!

◆方法
1 ロート側にフィルターをセットする
2 フラスコにお湯を入れ、アルコールランプにかけ 
 お湯を沸かす
3 コーヒーの粉をいれる
4 沸騰したらロートを差し込む
5  ロートにコーヒー液が溜まったら
  軽くかき混ぜて撹拌させる
6 ランプを消して2回目の撹拌
  するとコーヒー液がフラスコに戻っていく。
7 ロートを外して注ぐ。

◆ポイント
◎抽出時間は1分以内。
 これ以上は苦みやえぐみがでます。

◆特徴
◎演出効果が高い!
理科の実験器具のようなサイフォンの中で
コーヒー液ができていく光景や
その香りは、見ていてとても楽しいもの。
カフェのカウンターにあると映えますよね。

◎手入れが面倒!
使用する道具が多い分、
洗浄には手間はかかります。
しかもガラス製。

◎コツがいる!
火加減や抽出状態の見極めなど、
やはりペーパードリップやフレンチプレスよりも
気を配らないといけない。

*****

まだまだ奥が深いコーヒーの世界、
知れば知るほど、
毎日の一杯が楽しく美味しくなります。
もし自分で喫茶店をするなら、
絶対にサイフォンを使いたい!と
思わずにはいられません。

■スポンサードリンク



★ランキング参加しています。ぽちっとして頂ければ嬉しいです★

にほんブログ村 料理ブログ 朝ご飯へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です